【DO!BOOK・ページリンク】
electro-magnetic-shielding   2 / 12

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


コンビュー夕、マイコン、ロボット、NC加工機、告種通信機、遠隔操縦機器、計 測機器、医療機器など電磁波の影響を受けやすい機器が増加しています。 一方、放電加工機、溶接機、電気メス、違法無線などの電磁波ノイズ発生源に加え、 携帯電話、PHS、ポケットベル、ワイヤレス電話・マイク、コンビュータのLA Nシステム、ファクトリーオートメーションなど通信手段としての電磁波の積極的 な利用に依り電磁波環境は益々輯模、悪化しています。 更にコンビュータや各種通信機器からの情報の漏洩、盗聴も問題化しつつあります。 との様な環境の中、電磁波シールド工事のニーズは益々増加しています。 日本板硝子環境アメニテイでは電磁波の環境測定かう診断、電磁波シールド工法の 検討、設計、施工、シールド効果の測定まで、一貫したシステムで直流磁気からマ イクロ波帯域まで全ての周波数帯域の電磁波シールド工事、対策を承っております。 Z環境測定診断 周囲の電磁波環境、発生源のノイズレベルを測定しお断、 ご希望の電磁波環境を実現するための目標値を訟定します。 電磁波1J4(ズ 総合対策 目標性能をクリアしているかどうか 施工後シールド性能測定を行います。 定 1 2設富十 診断結果とデータをもとに、使用環境、居住性を考慮し磁 気、電磁波シールドの設計を行います。 3施工 材と製品を用いてご要望の電磁波環境を実現する シールド工事を経験豊富な専門スタッフが施工します。