【DO!BOOK・ページリンク】
industrial_soundprofing_system   18 / 36

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


屋外吸音工事A闘111工法 コンクリー卜の壁に固まれている場所に空調室外機やクーリングタワーを設置した場合、遠ざかる側に放出され た騒音も壁面で反射し、その空間の騒音レベルを引き上げてしまいます。 との反射音を防ぐための吸音工事がA-1l1工法です。屋外での使用を前提とし、耐イ|柔性の高い部材で構成されて います。吸音部は当社の耐水性グラスウール、「フローテイングウールJ(32kg/m3-50mm)を使用し、更にパンチ ングメタルで保護する乙とにより長期間の耐用年数があります。ダク卜や梁・柱などの障害物も現場加工で対応 が可能で、吸音パネルで必要となる寸法確認の煩わしさがありません。 - 特徴- 優れた意匠:A-lll工法は、吸音パネルとして従来から定評のある吸音パネル デ、ユラ力一ムAP-50を現場施工式に改良した屋外吸音工法です。 背後に空気層を設けて施工するA-112工法や、吸音材厚みを増やす事により更 に吸音性能を上げることも可能です。 優れた耐候性:耐水性吸音材「フローティングウーjレ」を使用しているので屋外に て、長年にわたって吸音率の低下、材質の劣化は心配ありません。また見切材、目 地材は加工性に優れたアルミ型材を使用しています。 優れた施工性:現場にて吸音材、見切材、白地材、表面保護材を加工できますの で、柱・梁、ダク卜やステーなどの障害物も、その場で対応が出来ます。事前に採寸 して、工場加工をする手聞が省けます。 - 用途- -清掃工場・リサイクルセンターなどの蒸気復水器周辺の壁の吸音工事 . ダク卜、柱、梁などの障害物が多い現場 阻雪国171 -音響性能一一一一一一 測定当社測定値(竜ヶ崎研究所) ηdnノ』41 111 11 ロFミ 一1-"\ト ー11+-V+I ~ ドド-'k I/' 1$ rzr:rr. 伊丹両M- ト吸音材100 背後空気届0- -f半~ヤ章材i勾FF 背怜後空軒気知周肘一 ←- 1I '>d__ 仁 4J444 ー------._ .-・・. 0.9 残響 0.8 言。7 吸0.6 2乞墨 0.5 0.4 0.3 0.2 0.1 125 250 500 1000 2000 4000 オクヲブバンド中心周波数(Hz)