【DO!BOOK・ページリンク】
industrial_soundprofing_system   7 / 36

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


-構造一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一 (吸音面) (外側遮音面) 吸音材」 フローティングウーJレIf二 もしくはポリエステル吸音材ド宜 2000/3000 ゴナ M10ジャッキボルト -音響性能- 60 。。喝 蝿 空気層 低周波騒音の 吸音に効果的です 90 パンチングメタルで吸音材を保護しています 遮踊駒音酌M貯一一一4引ケ←一円ス引( 高耐食性めつき鋼板1.6 臥tで作られており仏、遮音性能.耐食性にイ優畢れてしい、喧ます。 ア7'りJル樹脂焼f付サ塗装が標準仕様となります。 ※上記以外の寸法仕様も製作可能です(御相談下ざい) く 1.2 1.1 1.0 0.9 言。B 室0.7 議0.6 室0.5 0.4 0.3 0.2 0.1 0 測定東京都工業技術セン合一 IIH帥ム: i"、 itf主 # 125 250 500 1000 2000 4000 中心周波数(Hz) 測定.東京都工業技術センヲー ドル 50 40 透l 過l 損30 (お) I 20 ぱ -標準施工法ーーー ※音響性能を発揮するために当社で施工をお勧め致します。 @防音壁用の支柱(H-125以上)を精度に注 意しながら設置します。(支柱の歪み及び ねじれ・出入り・角度をチェックします) A頭つなぎ材を取付けます。 @BPH-90にジャッキボルトを取付け、外装パ ネルの塗装面にキスを付けないよう、支柱 の天端からH鋼の聞に落とし込みます。 C目地・出入り・飯合の具合を調整し、ジ、ヤツ キボル卜でパネルを固定します。 Dジ、ヤツキボル卜は支柱H-150までの対応です。 -施工例一一一一一 10H:+:+ヰ; 11|ld l旺l J 125 250 500 1000 2000 4000 中心周波数(Hz) 瞳雪国61