建築音響分野

業務内容

本格的な音響空間の設計から
コンサルティング・防音内装工事・音響測定までを行い、
ハイレベルな音空間を創造します。

営業品目

ホール・複合施設

  • 音楽ホール
  • 多目的ホール
  • リハーサル室
  • 練習室
  • シネマコンプレックス

スタジオ

  • テレビスタジオ
  • 音楽スタジオ
  • ラジオスタジオ
  • 編集スタジオ
  • MAスタジオ
  • アナウンスブース
  • ライブハウス

研究施設

  • 無響室・半無響室
  • 残響室
  • 防音室
  • 試聴室
  • 検査室

防音建材 販売・施工

  • 高性能防音扉「ソノシャット」
  • グラスウール化粧吸音材「ソノカットKG・KS」
  • 高荷重用防振・耐震天井システム「ソノシーリングタフ」

業務内容

調査

  • 現地確認
  • 環境調査(騒音・振動)
  • 防音対策検討

設計

  • 音響設計
  • 防振計算
  • 施工図作成
  • 意匠設計

施工

  • 防音内装工事
  • 設備工事(空調・電気)

音響測定

  • 遮音測定
  • 残響測定
  • 振動測定
  • 床衝撃音測定

日本板硝子環境アメニティの手掛ける主な音響建築物

高い防振遮音性能や快適な音場空間を必要とする建築物を、設計から施工まで一貫してご対応いたします。

設計・施工・測定まで責任施工でおまかせください。

  • 外部騒音や同建築内部騒音を防止するため、
    高いレベルで遮音性能が必要になります。
  • 大音量を発生する部屋からの
    伝搬騒音を防止します。

要求遮音性能

要求遮音性能(参考例)
主要な空間の遮音性能(500Hz)

BOX in BOX構造

壁・床・天井を防振ゴムなどの防振材を用いることで、建築躯体と振動絶縁した浮遮音層で部屋を完結させた構造のことを浮遮音構造、もしくは、BOX in BOX構造と呼びます。防振浮床の上に壁を施工することにより浮遮音壁となります。
仕様や平米数などの様々な条件によって、使用する防振部材の選定が大きく変わります。また、適切な防振部材の選定だけではなく、適切に施工することが重要となります。

防振浮床


  • 防振浮床シロマーブロック

  • 防振浮床GW充填

浮遮音壁


  • 鉄骨下地

  • 防振ブラケット

浮遮音天井


  • 舞台浮遮音天井野縁取付

  • 防振ハンガー