道路防音分野

製品ラインナップ

先端改良型減音装置 デュラカームE-fX®

NETIS番号:KG-150014-A

デュラカームE-fX®は、関西大学環境都市工学部 河井康人教授と共同開発したエッジ効果抑制型という全く新しい理論に基づいた先端改良型減音装置です。

エッジ効果抑制理論とは

剛壁の頂部上方の近接空間で空気の粒子速度が非常に大きくなる現象をエッジ効果と呼びます。その場所に適切な流れ抵抗を持つ材料を置くことでエッジ効果現象を抑え、大きな回折減音量を得ることが出来ます。

特徴

遮音壁高さを低く抑えることが可能
全体コストの削減、景観の保全、日照の確保など減音効果以外のメリットもあります。
パネル本体の小型化・薄型化
デュラカームE-fXは一般の遮音板と同じ厚みであり、従来の先端改良型遮音壁と比べて小型化・薄型化が図れます。
施工の簡易性
デュラカームE-fXは一般の遮音板と同じ施工法です。

従来型との仕様比較

  パネル厚み(t) パネル高さ(H)
デュラカーム E-fX® 95mm 520mm
従来型先端改良型遮音壁パネル 500~2000mm 500~1200mm
(参考)一般の遮音壁パネル 95mm 500mm
  エッジ効果抑制技術による減音量(反射板との対比) 各騒音源での減音量の検討
H
5
0
0

減音効果のシミュレーション

エッジ効果抑制型の効果量(自動車走行騒音A特性)125〜1kHzまでの計算から算出。
数値は音源1m点で0 dB(A)の相対レベル dB(A)。

エッジ効果抑制型による減音効果(①-②)

中日本高速技術マーケティング株式会社:「デュラカームE-fX®」の紹介ページはこちら

施工実績