機械・空調機・発電機の防音分野

設計・施工・音響測定業務・音響コンサルティング
無響室、半無響室、防音ボックスの施工等

お問い合わせ
東京本社 TEL(03) 5421-7522
大阪支社 TEL(06) 6222-7026

サイレンサー・消音器

蒸気復水器・冷却塔・空調機・室外機などの空気の流入出を妨げることなく騒音対策がしたい。そんなときにはサイレンサーパネル(消音器)です。

サイレンサー
 

当社のサイレンサーパネル(消音器)は、長年培ってきた防音パネルの技術をもとに、音響実験棟で試験を繰り返し開発した確固たるものです。開口部の大きさを選ばず、自由な設計が可能です。
高性能でありながらコストを抑えたスプリッタ型サイレンサーや、より高機能なセル型サイレンサー等現場に応じて、必要最小限のオリジナルサイレンサーをご提供します。


サイレンサーパネル(消音器)の設置方法は、大きく2種類のタイプに分かれます。

壁面取付けタイプ

壁面取付けタイプ
 
主に吸気部に使用し、低い位置でフレッシュエアーの確保しつつ消音します。
天井(上部)取付けタイプ
天井(上部)取付けタイプ
 
排気部への使用のほか、設備機器設置場所より高い位置の隣接物件に対する騒音対策として、消音+目隠しとして高い効果を発揮いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプリッタサイレンサーの減音性能

当社音響試験室において実験を重ねた結果の信頼性の高い性能を提示いたします。

Dエレメント幅
(mm)

W風路幅(mm)

開口率
(%)

L吸音面
長さ(mm)

1/1オクターブバンド
中心周波数(Hz)
63 125 250 500 1000 2000 4000 8000
200 200 50 1000 4 7 17 24 28 21 16 14
200 200 50 1500 5 9 21 33 40 28 19 16
300 300 50 1000 5 9 16 17 18 13 13 13
300 300 50 1500 6 11 21 23 23 17 15 14
300 200 40 1000 5 11 23 24 30 22 17 16
300 400 57 1000 4 9 14 16 15 11 11 11
スプリッタサイレンサーの減音性能

スプリッタサイレンサーの圧力損失

サイレンサーの圧力損失は次の式で計算することが出来ます。

サイレンサーの圧力損失式

ΔP :圧力損失 ζ:損失係数 γ:空気比重 V:風速 g:重力加速度

スプリッタサイレンサーの圧力損失
施工実績
施工実績 施工実績
施工実績 施工実績
 
 

このページのトップに戻る

BACK NEXT

このページのトップに戻る

製品に関するお問い合わせ・ご質問はこちら
東京支社 TEL(03)5421-7522 大阪支社TEL(06)6222-7026 ご質問・お問い合わせ
>> サイトマップ    >> 個人情報保護方針