産業防音分野産業防音分野

製品紹介 デュラカーム® E-fX

先端改良型減音装置
デュラカーム®E-fXNETIS番号:KG-150014-A

デュラカーム E-fX®は、エッジ効果抑制型という新しい理論に基づいた先端改良型減音装置です。 優れた減音性能を持ちつつ、小型・薄型化を実現。また、コストメリットにも貢献します。

製品仕様
寸法 長さ1,960mm×幅520mm×厚さ90mm
重量 約23kg/㎡
主要材料
正面板 パンチングメタル アルミ板
枠材 高耐食性めっき鋼板
流れ抵抗調整材 ポリエステルマット

エッジ効果とは

関西大学 河井康人教授が発見された遮音壁の頭頂部近傍で空気の粒子速度が非常に早くなる現象です。 この現象を抑える新しい考え方により、E-fXは誕生しました。従来の防音パネルより優れた減音効果を持ちつつ、小型・薄型化に成功しました。建築限界やコストメリットに貢献します。

エッジ効果抑制イメージ


E-fXを取り付けた際の防音壁高さ

E-fX 施工実績

室外機置き場防音壁工事

敷地外周防音壁工事

E-fX 応用例

冷凍車のアイドリング時における低周波音の騒音対策

  • ニチレイ・ロジスティクス高槻物流センター

    早朝から深夜まで長時間自動車が停車する物流センターの事例です。対策音源が冷凍車であったことから低周波の騒音対策を行う必要があり、 通常防音壁で検討すると高さは20m以上必要となりました。防音壁の先端にデュラカーム® E-fXを取り付けることで、高さを11mまで抑えて騒音対策できました。基礎コストや工期短縮にも大きく貢献した事例です。

現場仮設向け 先端用改良型減音装置
デュラカーム® E-fX・TW

現場仮設用として新たに開発した先端改良型減音装置E-fX・TWです。仮囲い頭頂部近傍のエッジ効果を抑制し、500Hz帯で8dB以上の現場外に回り込む音を低減させます。詳細は、販売・レンタルの問い合わせ先-日本セイフティー株式会社様にお問い合わせください。

E-fX・TW 実績

工事現場仮設(東京都)